メニュー
サブメニュー
ミニカレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
今日の予定
予定なし
今後の予定
予定なし
携帯用QRコード
星山小学校のお知らせや予定表が携帯から確認できます。

アクセスカウンタ
今日 : 1255125512551255
昨日 : 1496149614961496
総計 : 1539436153943615394361539436153943615394361539436
ようこそ
星山小学校ホームページへ


最新のエントリ
今日は5年生が社会科の『情報を支える人々』の学習をしに、テレビ局へでかけました。
NHKは盛岡市にあります。
例年ならここは紫波町のバスで目的地まで!となるところですが、
これまで環境保護について熱心に学習をしてきた子供たち。
少しでも公共交通機関を使おうということになりました。

電車に乗り、盛岡へ。
そしてバスに乗り継ぎ、降りてから少々歩いて。
NHKに到着しました。




NHKでは最初に出迎えてくださった方と一緒にスタジオ見学をしました。



本物のスタジオを使って「おばんです いわて」のタイトルを背に、ニュースキャスターになったり、対談したり、



テレビ出演の気分を味わいました。

実際に報道する方が読む台本なども見せていただきました。



お忙しいところ、たっぷり見学させていただき、ありがとうございました。

さて、その後はお弁当を食べるために、近くの上田公民館を利用させていただきました。

何と上田公民館は前の校長先生が館長を務めていらっしゃるところです。
久しぶりの再会で、館内をちょっと見せていただきながらお話もしました。
今も変わらず子供たちをかわいがっていただき、ありがとうございます!
もちろんお弁当もいただきました。







帰りももちろん「公共交通機関」。徹底していますね。立派です。

今日は『へらぶなつり」という題名の資料を使い、
「相互理解、寛容」について学びます。

初めに全体を読み通し、あらすじを確認しました。



今日のこの資料では、「相手の失敗を許せる(相手の立場を理解できる)か」ということが意見交流の中心になります。
ペアになって役割を決め、責め立てる方と責められている方の気持ちを体感。


その上で、失敗を責めなかったお父さんのことも体感して、「相手を許す」思いもしっかりと学びました。



責められて感じた気持ちを、今まで誰かに味わわせていたかも、と不安になる子供たち。

これから、この学習を生かしていきましょう

今年度第3回の音読集会。今日は5・6年生の発表です。

5年生は『大造じいさんとガン』を読みました。
椋 鳩十さんの名作ですね。

初めに簡単にあらすじを紹介した後、後半の印象的な部分を朗読しました。
セリフの役割読みをしたり、地の文の分担をしたりして変化をつけながら読みました。
長いセリフを暗記して、簡単な振りもつけながら読んでくれた子もいました。




6年生は『やまなし』。岩手の作家、宮沢賢治さんの名作です。
やはりこれも役割読みを生かして、あの柔らかく透明な雰囲気をうまく表現しました。




どちらの学年も、素晴らしい表現力でした。

いつものように感想交流をします。



低学年は5・6年生の声の響きに、中学年以上は表現の工夫についての感想が多く寄せられました。



先生からの講評では、5・6年生の工夫が、役割読みだけではなく、
そのほかも場面に合わせて声のトーンを変えるなどの表現ができていて、
しっかりと「朗読」になっている(音読ではなく)ことを褒めていただきました。
さすが高学年ですね。

今日は初めて、みんなで公共の乗り物を使って遠くへ行きます。

さあ、紫波中央駅から出発!!
やる気満々です。



しかし!
朝の電車は混んでいた!
もちろん多少混むことはわかっていて、
電車を利用しているたくさんの人たちを見ることも体験の中に含まれているわけですが、
ほぼ9時でここまでとは。
次々に乗ってくるので、ずっと立ちっぱなしです。



ようやく盛岡駅到着!
駅員のお姉さんに駅構内の説明をしていただきました。



そしていよいよお楽しみの新幹線ホームへ。
疲れも吹き飛ぶ楽しさです。



今回の見学で一番心に残っているのはこれ!



新幹線連結の瞬間です。
なかなか見ることはないので、大興奮でした。

みんなでだけではなく個々にも質問したり、
マリオスに足を伸ばして展望台から地上を眺めたり、
駅の模型を楽しんだり、
指令室の様子を見せてもらったり、と満喫しました。





アイーナにも行きました。
県立図書館を見せていただいて、広々としたきれいな図書館の様子を見ながら
お話を聞きました。



アイーナには休憩スペースもあちらこちらにあります。
これも体験のうち。



これも。



十分満喫した後は、自分たちで券売機で切符を買って乗車します。



帰りは昼時で、電車は空いていました。
ゆったり座りながら笑顔で帰校。



朝の混んだ電車と昼の空いた電車、両方体験できてよかったですね。

3・4年生2学期の総合的な学習のテーマ「様々な人とのかかわり」。
今日は視覚障がい者の皆さんの使う白杖や点字の体験をしました。

初めに教室で白杖の意味や使い方について学習しました。
ゲストティーチャーの話を聞くだけではなく、自分たちでも想像したり考えたりしながら進めます。





白杖で障害物を感知することや、介助する場合の注意事項などを学び、いざ実践へ!



初めはよいタイミングで声をかけることが難しく、少し前に声がけをしなければならないのに、
「左に曲がります」と言いながら急に曲がってしまったり、
「目の前に障害物があります」とぶつかる直前に声がけをしてぶつかってしまったり。

それでも何度か繰り返しているうちに、少しずつ声をかけることには慣れてきました。



気付いたことをふり返ったり確認したりしながら、次は点字体験です。



国語の勉強にも出てくる点字。
点字にも決まりごとがあることや裏返して読むことなど、様々なことを体験しながら確かめました。

今は日常のあちらこちらに点字が使われています。
普段から気を付けて見てみようね。

学校日記のトップへ
連絡先
028-3313
岩手県紫波郡紫波町星山字樋ノ口80
紫波町立星山小学校
TEL・FAX 019-672-3470
町内学校リンク
教育委員会からのお知らせ

Copyright © Shiwa Town. all rights reserved.