メニュー
サブメニュー
アクセスカウンタ
今日 : 695695695
昨日 : 1463146314631463
総計 : 1453002145300214530021453002145300214530021453002

学校日記 - webmasterさんのエントリ

今年度2回目の音読集会では、3・4年生が詩の音読をしました。

それぞれ、2組に分かれて、はきはきといい声で読みました。

3年生は、
左の3人が金子みすずさんの『わたしと小鳥とすずと』
右の二人は岸田衿子さんの『山のてっぺん』
を読みました。

 

はきはきといい声で読めました。

4年生は、
高田敏子さんの『忘れもの』と
坂田寛夫さんの『ぼくは川』

 

堂々とした読みっぷりでした。

3・4年生はどちらも、一人で読むところと全員で読むところがありましたが、
どこをどう読むかということは、自分たちで話し合って決めたんですって。
練習しながらいろいろと工夫したそうです。

いつものようにペアで感想交流した後、話し合ったことを発表し、
先生のアドバイスをいただきました。
先生も自分たちで工夫したところを褒めてくださいましたよ。
良かったね。

 

 

これからもいい声ができるように練習を続けてね。
紫波町の給食センターの皆さんが、子供たちの給食準備などの様子を見ながら
いっしょに給食を食べてくださいました。







とても手際よくできていますね、と褒めていただきましたよ。
お残しもなく、きちんと食べていることも見ていただけました。

食器などの並べ方でちょっと気を付けたほうがよいポイント(主菜と副菜の位置)も教わったので、
気を付けていきたいと思います!

給食を作ってくださっている方々と一緒にいただけるのは、
自分たちがしてもらっていることを実感できるので、とてもありがたいことです。
3・4年生は、総合的な学習を中心に福祉にかかわることをたくさん勉強します。
今日はその一つ。
『孫世代のための認知症講座』が行われました。

実際に老人介護や包括支援の場で活動していらっしゃる方を講師に、
「認知症」という病気のことや、実際どう対応するのが良いかということについて学びます。



認知症の概要とともに、「一番不安でつらいのは本人」ということを教えていただきました。
真剣な顔で聞きながらメモを取ります。


映像を見ながら、困りごとを具体的に知っていきます。
これは「財布がない!」と言って孫の部屋をひっくり返して探している場面。
戸惑っている小学生の孫の気もちになりながら見ていました。


その後、感じたことを交流したり学んだことをふり返ったりしました。



新しく知識として得たことのほかに、
自分がどう行動するか具体的に考えたり、
「〜なことがあったらどうすればいいですか?」と質問したりして、有意義な学習ができました。
二日間ともとても暑い日でした。
黙っていても汗がダラダラ垂れてくるような日、装束を着た神楽の踊り手はとても大変だったと思います。
小さい子たちも地域の代表として、がんばりました。

時間になると大勢の観客も集まって来て、子どもたちを元気づけてくれました。

<7日 舘森神社にて>

かわいらしさに盛り上がりました。
『令和(ゴールデンボンバー)』『パプリカ』
おうちの皆さんもニコニコしながら見守っていました。





学校を代表して、高学年が神楽の発表。
ぴしっと決まった振りや跳躍が素晴らしい!






<8日 百澤神社にて>
こちらも時間になったら観客がたくさん。
卒業生のお兄さんも忙しい時間をぬって駆けつけてくれました。

こちらも「RE・I・WA!!」の掛け声が響きました。
暑い中、笑顔で踊りましたよ。



高学年の神楽。
キメのポーズや足先までの振り、がんばりましたね。
見ていてくれた卒業生もうずうずしたようです。





暑い(熱い)二日間、地域の皆さんやご家族に見守られ、
元気よく発表をやり遂げました。
そして、改めて「子どもは地域の活力」だなあと感じたのでした。

・・・写真の精度がいつもより低く、見づらいかもしれません。(特に1日目)
ごめんなさい。
特別の教科 道徳の授業の仕方について、他校の先生にも見ていただき、ご指導いただきます。

今日の勉強は、お友達の作品をいじってこわしちゃった子のお話。

はじめに、普段の生活の中で、悪いとわかっていながらやってしまったことや、うっかりしてしまったことをふり返ります。
そしてお話の中の子がしてしまったことについて、考えていきます。
「どうすればよかったのだろう。」



こわしちゃったとき、どう考えたかな?



実際に演技しながら考えてみました。



「やっちゃった。すぐ直そう。」
「謝らなくちゃ。」「お友達が悲しむなあ。」

色々出たところで、先生が
「ちゃんと直したら、黙っていてもいいんじゃない?」
と言ってみたら、みんな「ひどいよ!」と猛反対!
えらいなあ。



この日学習して感じたことをまとめて振り返りをしました。
ちらちら黒板を見ながら振り返りをしているのが印象的でした。

9月3日、プール納めを行いました

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
webmaster 2019-9-4 13:17
9月3日をもって、とうとう今年度のプール納めとなりました。
体育館で自分が頑張ったことの発表などをして、儀式の部は終わり。

そしていよいよ泳ぎの発表会です。
一人一人自分の目当てに従って泳ぎました。
今年度は雨が降ったり暑すぎたりして、十分な練習はできなかったはずですが、
どの子もびっくりするほど上手になっていました。

また、普段は泳ぎ切れなかった25mを、この日だけ泳げた!という子も数人いて、
みんなに見てもらうことのパワーも感じました。

最後は集団遊び。
流れるプールを作ったり、
島に乗って流れたり、
宝さがしをしたり、
最後は水鉄砲まで!
みんなで十分楽しみました。



8月31日、早朝作業がありました

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
webmaster 2019-9-2 10:33
朝6時からの早朝作業。
子どもたちは眠い目をこすりながら集合しました。
(実は、大人もかなり眠かった・・・)
それでも全員参加!素晴らしい。

まずは校内のガラスふき。きれいになると心もすっきりしてきます。
その後は、草取り隊とペンキ塗り隊に分かれて学校をどんどんきれいにしていきます。





ペンキ塗りが終わったサッカーゴールを見て、「新品みたい!」と声が上がりました。
ますます楽しく、学習や遊びができそうですね!!
朝早くから頑張った保護者の皆さん、子供たち、そして教職員も
ご苦労様でした。

開校準備委員会からのお知らせ

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
webmaster 2019-8-28 17:38
PTA、地域の代表、学校の職員と教育委員会が一緒に、新しい学校づくりを進める開校準備委員会。
星山地区からも代表者が6名(教職員も合わせて)参加しています。
その様子についてのお便りが届きました。

<教育委員会からのメッセージ>

町教育委員会では、
小中一貫校開校準備委員会等での検討内容や進捗状況について、
保護者や地域の皆様に広く周知を図るため、
『紫波町小中一貫教育「開校等準備委員会だより」』を作成しましたので、お知らせします。

『開校等準備委員会だより』 は、このURLをクリックしてください。
                ↓
http://www.town.shiwa.iwate.jp/soshiki/5/1/2/kaikojunbi/6471.html


より良い学校をつくるために、
課題解決に向けて悪戦苦闘したり、
夢や希望を語り合ったりしている様子を想像しながらお読みください。
あちらこちらで話題にしていただければ幸いです。

8月26日、集団下校訓練をしました

カテゴリ : 
Miscellaneous
執筆 : 
webmaster 2019-8-27 13:19
星山小学校では、定期的に集団下校の練習をし、いざというときに慌てないようにしています。
スクールガードの皆さんに来ていただき、交通安全や不審者対応のお話を聞きながら気を付けて下校します。



地区に分かれて一緒に下校してくださるスクールガードの皆さん。
お忙しいところ、ありがとうございました。

今年は夏休みがちょうど1か月ありました。
久しぶりに会えたね!
・・・いやいやプールに入るためにほんの数日前にかなりの人数が勢ぞろい。
大して久しぶりではないのでした。

校長先生のお話を聞きます。
いつもよりちょっぴり眠そうな顔をしていた子もいましたが、ちゃんと目を見て聞きましたよ。




「協力してチャレンジ」
みんなと力を合わせてがんばろう!
でも「協」という字に現れた一人一人の力を高めることもとても大事。

代表の5年生が作文発表をしました。
2学期に行う陸上記録会に向けてがんばりたいことを、しっかりした声で話しました。
その後、夏休みの初めに行った水泳記録会の表彰。
みんな記録を伸ばしました。
がんばりやさんの子供たちです。



2学期も楽しみだね。

その後、各学級では、
夏休みの思い出を語り合いつつ、工作や自由研究の発表が行われました。




Copyright © Shiwa Town. all rights reserved.