メニュー
サブメニュー
アクセスカウンタ
今日 : 125125125
昨日 : 1361136113611361
総計 : 1269632126963212696321269632126963212696321269632
令和1年度 学校経営方針
          * わかりやすく図にしています。ここをクリック(星山小学校グランドデザイン) →


1 校訓
 ・進取(意欲をもって、新しいことに挑戦する)
・同情(他の人と気持ちを合わせ、助け合い協力する)
 ・公徳(社会の一員として、しっかり考え行動する)

2 学校教育目標
   豊かにかかわり合いながら、たくましく伸びる子の育成
<めざす児童像>
  【かしこく】 豊かに思考し、表現する子
  【やさしく】 自他を尊重し、思いやりの心をもつ子
【たくましく】自律し、たくましく活動する子

<めざす教職員像>
 ・児童の目的意識、相手意識を高め、かかわりの中から学ぶ授業を創造する教職員
 ・個々の児童をその特性とともに深く理解し、その成長を喜び、児童とともに歩む教職員
・共に高め合い、学び合い、協働の精神を大切にする教職員
・地域や外部講師などとの連携を図り、児童の成長に寄与しようとする教職員

<めざす学校像>
 ・「子どものため」を揺るがない大前提とし、児童の成長を促す学校
 ・一人一人の児童が大切な存在として認められる、人権意識を高くもつ学校
 ・児童の安全を確実に守る学校
 ・信頼される学校

3 経営方針
 仝帖垢了童に関すること、その他の情報を共有し、連携して指導にあたる。
 学習や生活の基盤である基本的生活習慣や学習習慣の確立をめざし、全教職員で協力しながら指導を行う。
 0属廚福嵶稠通り」は排除し、PDCAサイクルを生かして、全教職員の参加のもとにより良い経営を行う。
 げ板蹐簔楼茲罰惺擦箸力携を密にしながら、多くの目で児童を見守り、育てていく姿勢を大切にする。
 ド興教育、キャリア教育を、「人材育成」の視点から各教育活動に適切に取り込んでいく。
 紫波町の教育はもちろんのこと、県や国、ひいては世界の教育の動向をつかみ、これからの時代を生き抜く児童像を具体的にイメージしながら指導にあたる。

4 今年度の重点
  ― 教育目標の具現化 ―
(1)「豊かに思考し、表現する子」を育てるために
 ・「いわての授業づくり3つの視点」をもとに、授業づくりを行う。
 ・思考・交流・表現のより良いあり方や指導方法について、教員相互で研鑽し、毎日の授業の中に取り込んでいく。
 ・「星山型複式指導の手引き」をもとに、交流の視点を盛り込みながら、複式指導を実践していく。
 ・読書への取組を思考力育成につなげる質的な向上の在り方を探っていく。

(2)「自他を尊重し、思いやりの心をもつ子」を育てるために
 ・道徳や特別活動、総合的な学習の時間などを中心にしながら、全教育活動において、自他の人権を尊重する校風を育てていく。
 ・いじめ防止基本方針の内容を全教職員で共通理解しながら指導にあたり、児童にも「いじめは絶対に許されないことである」ということを共通認識させていく。
 ・思いやりある良い行動は積極的に認め、教職員自らが模範となるようにする。
 ・特別支援の視点をもち、個性を認め、生かすようにする。
 ・挨拶や言葉遣いなどは全教職員が共通して指導にあたり、児童自らが意識的に取り組めるよう強化していく。

(3)「自律し、たくましく活動する子」を育てるために
・外遊びを推奨するなど、日常的な体力つくりを推進する。
・生活リズム、食育、運動習慣形成の指導を積極的に行い、児童自らが自分の体づくりに関心をもつようにする。
 ・自分で自分の身を守るということを大切にして、安全指導を行う。
 ・自律にかかわり、メディアの使用時間、情報モラルについて、積極的に指導していく。


上記のことについて、家庭や地域、関係機関と積極的に連携しながら推進していく。



前のページ
学校の概要・校歌
コンテンツのトップ 次のページ
R1 まなびフェスト



Copyright © Shiwa Town. all rights reserved.